Peter@ペニンシュラ東京

まぁ疲れた時には、美味しいものでも!
でも、本当に疲れていたので、正直面倒くさいなぁと思いつつ、
りっちゃんの足を休ませるには、私が家にいるよりケージで留守番の方が、
完治の近道かもしれない・・・・と思うようにして、
ペニンシュラのPeterに行く。

予約もせずにふらっと行ったので、お断りされる可能性もあったけど、
内側でも良いと言ったのに、窓際の席を案内してくれる。
しかもおひとり様だったのに、内側でなく窓側♪
もう有難いわ~


メニューを見ながら、白ワインを飲む。
この後、フラ語の授業だったので、素早く食べれそうな?3品2,400円という、
ペニンシュラ的お値打ちランチを食べる気でいたけど、
メニューを見ると、だから2,400円なのかという内容で、このコスパはちょっとな…と思う。
レディースコースも、ピンと来なかったので、好きなものを選べるコースに。


*アミューズはニンジンとヨーグルトをアレンジしたもの*
画像

さっぱりしていて、次にどんなものが来ても邪魔しない味!

サービスは行き届いていて、イケメンな方がワインを注いでくれる。
この方、韓流スターをもっと華やかにした感じ(笑)
韓流スターって、私の中では垢抜けない朴訥とした感じなんだけど、珍しく華やかさもあって?テンションが上がる!
因みに私は、濃い正統派イケメンが好みだったりするんだけど、濃くなくても良いじゃんと、
まぁ図々しく思う。

朝TVで見た、デヴィ夫人の古希祝いのパーティーがよぎって、
夫人の元恋人アランを思い出し、若くて美しいとテンション上がるよなぁって、勝手に妄想する。
(ホテルマンはアランと似てないわよ)

*鴨のコンソメスープ フォアグラ風味 鴨もも肉と砂肝のコンフィ 春キャベツと根野菜と共に*
画像

和食のようなホッとするコンソメと根野菜の味。ただ、鴨+フォアグラ+砂肝なので、香りがパンチがあるので、
苦手な人はきっといるかも。

アラン(勝手に命名!)が赤ワインを注いでくれて、気分良く飲む!

*牛頬肉の赤ワイン煮込み 新じゃがとモスタルダ 春の緑野菜と共に*
画像

お肉の下のマッシュポテトが、あっさりしてお肉の邪魔をしないんだけど、
結構芋と肉でソースを吸いこんじゃってるので、スプーンでソースをすくいたい位の私には、
物足りない。

*チョコレートのスフレ モンブランテイスト マロンのアイスクリームとコーヒーのジュレ*
画像

マロングラッセが横に落ちちゃって、食べながら、直してから写真を撮れば良かったと思ったわ。
味は和栗みたいな、しつこさが感じられないモンブラン。

*プティフール*
画像

私の中で、今回食べた物の中で、一番好印象だったのは、右のガトーショコラ。
これが生チョコのようなとろける濃厚クリーミーな味で、B1のブティックで売ってほしい位!

疲れを癒すリフレッシュは、アランのおかげで出来たので、良かったけど、
味はね、もうひと声かなぁ~。でも、羨望とサービスは良かったので、まぁ今回はこれでよし!

お腹いっぱいで、すっかり酔っぱらった私は、いそいそとフラ語の授業へ。
酔いを覚まそうと、カフェラテを買って、電車で飲む^^
画像

小テストが終わったころ、到着し、
「丁度良いよ!」とお仲間に言われたけど、
せっかくの腕試しが、残念だったわ~~(笑)

この記事へのコメント